おっぱいを支える、縁の下の力持ちを守るには?

産後,ハ?ストタ?ウン対策,ハリ,サイス?,戻す

おっぱいは、単に脂肪だけで出来ているわけではありません。

脂肪とは別に、乳腺の発達により、乳房が膨らんでくるので、バストアップを図るのであれば、乳腺の成長を促すことが大事な要素です。
しかし、それだけではハリがある、弾力のあるバストを作れたとしても、引力に負けて、下に下がってしまうのが、現実なのです。
そこで大事になってくれるのが、クーパー靭帯であり、おっぱいを支える、縁の下の力持ちと言ったところでしょうか。
下乳を支えてくれるのが、大胸筋であるのに対して、バストの中心部を支えるのが、このクーパー靭帯であり、残念なことに、一度伸びきってしまうと、元に戻るのはとても困難なのです。
大胸筋は鍛えることで、再び筋肉を付けることが出来ますが、クーパー靭帯はそういうわけにはいかないので、高い機能がある状態のうちに、しっかりとケアをしてあげなければなりません。
クーパー靭帯が伸びてしまう原因には、加齢もありますが、その他に、ブラジャーが合っていないこと、猫背であること、寝ている時はブラを外している人に多く見られるのです。
つまり、クーパー靭帯を伸ばさない状態に保つには、自分のバストのサイズに合うブラジャーを装着することであり、しっかりと支えて上げるタイプを選ぶことです。
又、バストの状態はいつも一定であるとは限りませんので、今使っているブラが合わなくなったら、買い替えることも大事な要素であり、高いからとそのまま使うことが無いようにしましょう。
そして、運動をする人は、動くたびにバストが左右上下に揺さぶられて、クーパー靭帯が伸びたり、切れたりしやすくなるので、スポーツブラでしっかりとガードして行うようにしてください。
それから、夜はノーブラと言う人も多いのですが、確かに締めつけは栄養が行き届かないので、バストにとってはあまり良い環境ではありませんが、全く無防備な状態では、形も悪くなり、クーパー靭帯も伸びてしまうので、ナイトブラで対応するようにしましょう。

 

ナイトブラのバストアップ効果につきましては下記のサイトが参考になりますので、ここでは割愛させて頂きます。
参照(外部サイト):なぜバストアップにナイトブラが推奨されているのか?

おっぱい卒業から頑張るホルモンアッフ?方法とは?

産後,ハ?ストタ?ウン対策,ハリ,サイス?,戻す

出産後は、赤ちゃんにとってのごはんは、母乳ですから、しっかりと栄養満点のミルクを与える為に、お母さんは、生活習慣の乱れを正さなければなりません。

規則正しい生活が送れて、ホルモンバランスが安定すると、バストの状態は、ハリと弾力のある胸になり、母乳の出も良くなります。
しかし、卒乳後は、役目を終えたバストは、シュルシュルとしぼんでしまい、しわしわの無残なバストになってしまう人も多く、髪も肌も乾燥してパサパサになってしまいます。
女性としては終わった感が出てしまい、落ち込んでいると、益々女性美から縁遠くなりますよね。
どうしてこういった状態になってしまうのか、それはやはり、女性ホルモンの影響によるものです。
妊娠・出産中は、赤ちゃんを育てる為に、体の中のありとあらゆるホルモンが作動し、栄養分を循環させますが、母乳が終わり、母の手から赤ちゃんが離れて生活出来るようになると、この女性ホルモンの分泌も低下してしまうのです。
又、女性ホルモンと言っても、色々な種類があり、エストロゲンは、授乳中は分泌されにくくなります。
その為、母乳期間は、エストロゲンが減少してしまい、このホルモンの働きとなる、ハリ・潤いと言った女性らしいフォルムを台無しにしてしまうわけです。
この状態は、卒乳後も続くので、もう母乳の妨げとなることもなく、エストロゲン分泌を促す方法を取ることで、肌艶も蘇ってくるわけです。
では、具体的には何をすればいいのか?それはとても簡単なことです。
女性ホルモンを増やすには、女性ホルモンの元になる栄養素を摂り入れればいいわけですね。
女性ホルモンの代わりになってくれる栄養素として代表的なのは、イソフラボンであり、大豆には、このイソフラボンが多く含まれていることから、大豆イソフラボンと言われています。
タンパク質が多く、女性ホルモンが行うハリと艶、健康的な髪の毛の形成等にも貢献することから、積極的に大豆を食べることが良いのです。
タンパク質はコレステロール値が高くなるとされていますが、女性ホルモンを活性化させる為には必要な成分ですし、特に産後ママには、適度なコレステロールが必要なのです。
出産後は激太りをしてしまうと言う人も多い為、どうしても短期間で痩せたいと、急激なダイエットを始めるママさんも多いのですが、この過激なダイエットは、体の機能を低下させてしまい、大事なホルモンまでも分泌が滞ってしまうので、肌艶が無くなり、いくら痩せても、不健康な感じに見られてしまうのです。
とは言っても、ある程度の運動は、血流を良くする意味でも大事なので、タンパク質を中心としたバランスの取れた食事と適度な運動をしながら、女性ホルモンの分泌を活性化させていきましょう。

 

おばちゃんバストと言われたくない!ハリと弾力のバストママへ

産後,ハ?ストタ?ウン対策,ハリ,サイス?,戻す

若い頃は大きくて自慢のバストでも、それが仇となって、年齢を重ねると、重さに引力が勝てず、下へ下へ下がってしまう、いわゆるおばちゃんバストに悩む女性は多いものです。

年齢の経過とともに、女性ホルモンの分泌量も減ってきてしまうので、ハリと弾力を失ったバストは、自然の流れで、下へと垂れ下がってしまうのです。
元々貧乳で、胸が小さいと悩んでいる女性でも、胸は下がってくるので、適したバストケアは必要なのです。
特に出産後は、体型の変化が著しく、バストの状態も最大限に大きくなったバストがしぼんで、形が悪くなることも多い為、普段以上のケアが必要になってきます。
ハリと弾力を取り戻すことで、おばちゃんバストから遠い、理想的なバストを維持することは可能なのです。
断乳しても、卒乳しても、しぼむことなく、乳腺を維持させるには、パパとの夜の性生活も大事な要素となり、パパにマッサージをしてもらうことで、ハリと弾力のあるバストを維持することは出来ます。
それは異性に触られることで、女性ホルモン分泌が活発化するからで、夫婦生活はいくつになっても持続していくことが、お互いの老化を防止することに繋がります。
勿論、それだけでは完全な女性美を手に入れることは出来ませんので、バストアップサプリを飲んだり、規則正しい生活を心がけることも大事ですね。
例えば、バランスの取れた食事、適度な運動、質の高い睡眠、ストレス発散と言ったことは、女性ホルモンの分泌を活性化させるので、乱れた生活習慣に心当たりのある方は、正していくように努力しましょう。

 

産後のバストはダウンしてしまう理由

産後,ハ?ストタ?ウン対策,ハリ,サイス?,戻す

妊娠して、お腹の中の赤ちゃんが大きくなって、出産となると、貧乳で悩んでいた女性でも、バストにハリが出て、3サイズ程大きくなって、喜んでいる人も多いでしょう。

しかし、それは一時的なモノであり、授乳が終わるにつれて、徐々にしぼんでしまい、がっくりしてしまうのです。
せっかく大きくなったのに、しぼんでしまう時のショックは大きいものですが、では、なぜ、産後バストはダウンしてしまうのでしょうか?
そもそも、妊娠を機にバストが大きくなってくるのは、当然、生まれてくる赤ちゃんの為であり、母乳を多く出して、赤ちゃんに十分な栄養を与える意味でも、ハリと弾力のあるバストは絶対的に必要です。
その為に、出産間近になると、バストははち切れんばかりに大きく成長し、赤ちゃんが誕生して、母乳を飲めるように、準備していくのです。
そして、授乳期が終わり、母乳を出すと言う役割が終わることで、バストはしぼんで、場合によっては垂れてしまいます。
せっかく大きくなったバストがしぼんでしまうことほど、悲しいことはないでしょう。
母乳を与えている時は、そんなに感じなかったことも、断乳後に気づくことも多く、授乳で赤ちゃんがバストに触ったり、掴まれたりで、肌がカサカサに、しわしわになっていることを発見するのです。
乾燥してくる肌は、潤いが無くなって、サイズもどんどん小さくしぼんでしまうのですが、これは女性ホルモンが影響しており、女性ホルモン分泌は、出産前がピークで、出産後はがくんと下がってしまうのです。
女性ホルモンは、子宮等、女性特有の器官の働きを活発化させると言うことで、妊娠時は分泌が高まっているものの、それを過ぎてしまうと、分泌量を抑えてしまうのですが、その際に肌のハリや弾力までも失ってしまうわけです。
つまり、産後のバストダウンは、女性ホルモンが不足している状態であり、ホルモンバランスを整える、安定させることが、出産後もハリと弾力のあるバストを維持することが出来るわけです。
綺麗なバストを出産後も維持したいのであれば、女性ホルモンを活性化させましょう。

更新履歴